スポンサーサイト
- | -  

一定期間更新がないため広告を表示しています

B'z「SUPER LOVE SONG」
comments(0) | trackbacks(0)  
年が明ける前に貯まってた新譜記事を全部書くつもりだったのに、行けるかどうか微妙になってきたぞ・・・。汗
やっとこさ、3記事?目。昨日と今日はとにかく忙しかった。でも明日はもっと忙しいw

さて。

#1 SUPER LOVE SONG
B'zお得意の力強いロックナンバー。演奏はさすが、毎度パワーを感じる・・・って言うのは今更ですかねぇ。
すでにTVとかでやたら聴いてるせいか、ライブのイメージがあります。これ生で聴いたらめちゃくちゃ格好ええやろうなー、と。
そう考えるとCDじゃ役不足。メロ部で入る「SUPER LOVE SONG♪」の違和感も、サビのメロディに、これだ!ってのが無いのも、さっき書いたパワーで押し切ってる感が。

#2 ここから
ミディアムバラード。
まあcwって感じの曲・・・と言うか割と印象には残りにくいかもしれない。でもさらっと聞き流すのも勿体無いかも。
歌詞が良いです、この曲。
でもサビのリズム刻んでるようなストリングスはいらん気が。気になって仕方が無い。

#3 FRICTION
再び疾走感バリバリのロックチューン。
これもライブに向いてる曲だと思うけど、こっちはCDでも良い。
掛け合いのコーラスもいい感じ。
さり気なーく(?)、1番良い味出してるのはアレンジだと思っていたり。イントロから格好良い!です。
「シャリが美味いねぇ〜♪」(会報ネタ)うけたw


Mステも見ましたよー。
稲さんは喉の調子悪かったような。
でもまあ生歌だから仕方ない。爆発にビビってなかったからいいじゃないかw
お疲れ様でした。
doa『3』
comments(0) | trackbacks(0)  
・・・今までで1番短い記事タイトルなんじゃないか?
ライブももうすぐだし、今でもヘビロテ中。でもなあ・・・。


#1 心のリズム飛び散るバタフライ
さり気なーくもう1年前の曲ですねぇ。買った当時の記事はこれ
ってか初めて聴いた時は、ここまでUSENとかで扱われるとは思ってなかった。
これで知名度がちょっと上がったのは嬉しい・・・けど、本当に何でUSENで支持され続けたのか未だに謎。声だの歌詞だの言われても、そんなにパッとしないんだよなぁ・・・。
地味なのか派手なのかよく分からないんだよなあこの曲・・・。
続きを読む >>
note「I can fly」
comments(0) | trackbacks(0)  
どうしようもないレビュもどき、始まるよ!
・・・物好きな方はどうぞw

ってか、ALすら即日レビュー出来てたころが懐かしい。時間かけた方が良いとは思うけど、あれはあれで第1印象でどこまでイメージ掴めるかってのが分かっておもしろかったんだが・・・。

えーと、noteは2006年のインディーズ活動を経て、今年の7月にメジャーデビューしたばかりのバンドです。
今回の「I can fly」は2ndsg。サビで一聴き惚れしたので買ってみました。
そんなわけで、そこまで今までの彼らに詳しいわけでもないです。

#1 I can fly
バラード寄りのミディアムチューン。いや、バラード扱いでいいかなぁ。
アレンジは、ポップ色の濃いロックってところ。爽やかな曲が好きだって人にオススメ。聴いてて落ち着く曲なんですよね。頑張ってる最中で、ちょっと一息つきたいって時にどうだろう。
メロディがいわゆる売れ線っぽく感じた(良い意味で)・・・と言うか、もっと多くの人が耳にする機会があれば、評価されても良いアーティストなんじゃないかなぁ。丁寧に作りこまれた、良い曲じゃないですか。

#2 心配ないぜ!!
引き続きミディアムロックポップ(だんだん変な説明になってきたぞ・・・)。
「!」が2つも付いてるようなイメージの曲じゃあない。
まあタイトルだけだから置いといて。今のメロディとテンポでも前向きさは出てる。それはいいけど、どこか気だるく感じてしまうのも事実。
Cメロは地味に良いっすよ。ここだけでも、アコギメインの爽やかなアレンジにしても良かった。・・・浮くかなぁ?

#3 TRAP
前2曲は両方とも、進学塾CMのTAが似合いそうだと思う歌詞だが、この曲だけはそうはいかないw
サウンドも、ポップ感がちょっとだけ薄れた感じ。メロディはもっとポップなアレンジでも大丈夫そうだけど、歌詞とか考えたら、やっぱこのアレンジだなーと思う。
でも真田さんの声は、爽やかで前向きな曲の方が映えると思った。この曲に関して言えば、もうちょい荒っぽく歌った方が雰囲気でたんじゃないか。

3rdsgも実は気になってた。でも表題曲より「BRAND NEW WORLD」の方が良い感じ。前者は女の子の声なんかやる気あるようなないような・・・やねんもん。


良バンドやと思ってます。まだ全部買うまでは行かなくても、毎回チェックくらいはするつもり。
えーと・・・、8月末の新譜です。
な、夏の歌なのに・・・!
8月と9月って季節の変わり目な印象が強いんで、夏の歌の記事ってどうよ?とも思いつつ、まあまだ暑いからいいか。

サイドバーでも書いている通り、ヤフーでコメントとPV見れます。
でも、URL見失いました・・・。汗
もしかして、もう試聴期間終わってるのか・・・?
GyaOはPVだけですが、まだ見れますよ〜。

#1 愛燦燦
アップテンポなラテンナンバー。
歌詞といい、メロディといい、演奏といい、かなりの情熱が感じられますが、その中にどこか涼しい雰囲気も感じられるのがシカプーらしくて良い。ってか、イントロからシカプーらしさ全開の曲です。彼ら、バラードもアップテンポも安定して良い曲出せますよね。
歌詞は、帯ともちょっと被るけど、「間違ってたんだよ 間違ってたってよかったんだよ」〜のあたりが好き。この部分、アレンジがちょっと控えめになるのも良いな。
メロディに関しては、サビよりも実はAメロBメロが好き。
ラストはフェードアウトよりも、歌いだし直前の部分を活用して欲しかったかな。

#2 線香花火
これも夏の歌ですね。
でも1曲目とは全然違うタイプ、ミドルテンポのポップ曲です。
ちょっと淡々としすぎで印象には残らないかも。サビの出だしの音程は割と好きなんだがなあ。
ってかこれテンポ落として、ピアノ弾き語りにしたらかなりの良曲になりそうな気がする。

#3 ブルームーン
1曲目からだんだんとテンポが落ちていく・・・w
これは、ちょっとジャズっぽさも感じられる曲。ストリングスやコーラスは、ポップっぽい気もするけど。
サビのファルセットの使い方は良いけど、こっちも印象には残りにくいかもしれない。

#4 流星
AL『one』に収録されている「流星」をリメイク。サビを頭に持ってきたのと、アレンジが変わってます。
原曲の雰囲気はそこまでぶち壊されてはいないけど、ジャングル大帝っぽさはなくなったんじゃないかなぁw
うーん、わざわざリメイクする必要は無かった気がする。ストリングスの音が、浮きすて、違和感感じます。
原曲自体はかなりの名曲だと思うんだけど。


って言うかサイドバー、何かめっちゃ爽やかな気がしません?wジャケの力って凄いわw
もういっちょ、7月4日分の発売CDです。
こっちも試験と見事に被ってたせいで、フラゲは出来なかったんですが・・・(^^;
まあいいや、このCD良いっすよ。かなりオススメ。

#1 Nephilim
表題曲が今まで(って言っても2曲しかないけど)疾走感バリバリだったわけですが、今回はミディアムロックチューン。ってか、バラード扱いで良いんじゃないか。
バラード特有の壮大感と、彼らの追及しているバンドサウンドを上手く共存させた感じ。
イントロは、歌いだしの前に一気に音盛り上げるかと思ったんだけど、ずっとピアノ主体ってのはちょっと意外。じれったい気もするけどこれはこれでいいや。
サビのメロディも、おもしろいですよ。岸さん凄いわ。

#2 LOST REASON
cw曲はまたまた英歌詞。
1曲目に続き、疾走感を求めるような曲では無いと思うんだけど(でもギタソロは早め)、こっちの方がバンド色が濃いかな。
曲自体は結構メロディアス。英歌詞も上手く乗るし、西川さんの声にも合ってます。
あと、メロ部のバックのギター音がかなり良い!別にそんな珍しいタイミングのアレンジじゃないと思うんだけど、すごく好きだ、この部分。
1曲目も好きだが、実はこっちの方が好き。ライブで聴いてみたい曲ばっかですわ、absは。


パッソのデスクトップはこれのジャケ仕様にしましたw前まではイノセントのジェケだったんだが。
色あわせ好みすぎるwまさかこんなに早く緑と白のジェケやってくれるとは・・・ってこの前も言ったかこれw
ちょっと前に買ってきた、GARNET CROWの新曲です☆
今回の表題曲がちょうどGC100曲目、それも発売日は由利さんの誕生日!!(おめでとうございます!)
うちのiTunesに入ってる、112曲の中から、別アレンジやらで重複してる曲探したんですが、何回数えても「涙のイエスタデー」が101曲目になって・・・。汗
えーと、「二人のロケット」、ミニALのとsgと両方入ってたの気づかなかったんですよね(^^;
君の家はすぐ気づいたのに・・・orz

#1 涙のイエスタデー
夏を感じさせる爽やかなポップチューン。
コナンのOPとして流れているVer.とは、アレンジも変わってません。
メロディがお気に入りです。わりとシンプルなんだけど、由利さんらしさもしっかりとあって。メロ部〜サビ終わりまで、流れがかなり良い!
ただ、音が軽すぎる気も。ちょっと薄っぺらく聴こえてしまう・・・。イントロは好きなんだがなぁ。

#2 Go For It
1曲目とはうって変わり、ゆったりした曲です。
歌詞見た時にアップテンポだと予想したせいなのか、前の曲が明るいだけに、余計ゆっくり聴こえてしまうせいなのか、実はあんまりピンと来てなかったり・・・。
メロディ、もうちょっとテンポ早くても格好良い曲になったと思うんですけどね。それか歌詞がまた違ったならば・・・。
詞曲間で何か違和感感じる曲ってGCじゃほとんど無いって言ってもいいんだけど、100曲もあると流石に出てくるわな。私の物差しでの意見ですが。
1枚のCDの中で、個人的な好みで、アップテンポ>スローテンポなのはGCにしては珍しい。

#3 一番素敵だった日
3曲目はまたまたアップテンポ曲。歌詞からも予想できるように(?)1曲目とはまた違ったタイプの曲ですが。
メロディが格好良い。これもまたGCらしい曲かと。
アレンジは、メロ部で鳴ってるギター音が、良い味出してます。あと、イントロとアウトロ!前も他の記事で書いたけど、ループ再生が気持ち良いんですよw
今回の3曲だと、これが一番好きです。


ジェケットはレトロ。歌詞の面、真ん中の折り目の所に、折った跡が印刷されてるのが良い味出してると思いますw
5月の新譜記事その3ですw
こちらはちゃんとフラゲしましたよ☆

えーと、本っっ当にそんな感じしないんですが、2ndsgです。何か・・・、絶対新人じゃないよねぇ彼ら・・・w

#1 HOWLING
前作「INNOCENT SORROW」のカラーを残しつつも、こっちはそれよりもヘヴィーなサウンド。疾走感も若干増した、かなぁ・・・?(めっちゃ人によりそう)
とにかく、曲としての流れがすごく良い!違和感感じるところが無いです。
西川さん以外のメンバーのコーラスも入れての掛け合いとか、ノリやすい曲調とか、ライブをイメージして作ったような印象受けます。後半に他のアップテンポの曲の後あたりに繋げてやったらめちゃくちゃ盛り上がりそう。

#2 NERVOUS BREAKDOWN
テンポ的には早くもなく遅くもなく、な曲。(ちょっと早いかも?)
cw曲は毎回英詞なんかな、これからも。
この曲、日本語の歌詞が乗っててもおもしろかったかも。
・・・ってか、作曲柴さんだったのか!?サビだけ聴いて普通に岸さんっぽいとか思ってたんだが(汗)、言われてみると、確かにそんな感じも・・・(^^;
曲としては、もうちょいサビに工夫が欲しかった。良いメロディだと思うけど、2回繰り返すとどうも・・・。


個人的には何となく、absはALにcw曲入れなさそうなイメージがありますが、どうなるんでしょうねぇ〜、って気が早い?w
7月4日ってテスト初日じゃん。うわ、困った。
B'z「永遠の翼」
comments(0) | trackbacks(0)  
2つ目の5月発売の新譜記事。
発売日順に消化していくつもりです。
・・・って、6月下旬でまだ2枚目だけど、間に合うのか!!?汗

CD屋行くヒマが無くって(2駅先まで無いんだよーっ!!涙)、次の週発売の他のCDとまとめて買いました。
そんなワケでMステで見た方が先ですよー。

#1 永遠の翼
映画主題歌の壮大なバラード曲。演奏時間は5分ちょっと、まあそんなもんですよね。
この手のバラードはもうあんまり新鮮さを感じられないと言うか。同じように思った人も割りと多そうですが・・・。
そう言う観点を除けば、歌詞も良いし、演奏力もやっぱり流石なんで、かなり良い曲だと思います。
何気に間奏のギターとピアノの絶妙なタイミングが好きなんだけど、ピアノの方は何故にsg曲に限ってプログラミング何でしょう・・・?

#2 ロンリースターズ
表題曲がバラード、cwもバラード・・・と思ったら間奏のギタソロの速さは何だ・・・wあの部分だけかなり浮いてるけど、あれはあれで良い。表題曲とはまた違った力強さがあるんじゃないでしょうか。
サビだけ聴いた時は「Brotherhood」みたいだと思ったけど、フルで聴くとサビ以外はそうでもないですね。
あと、イントロとアウトロの統一感が好きです。ループ再生してると特に・・・w


「FRICTION」入れて3曲にすればsgとしてもバランス取れたと思うんだけど、今回は敢えての(?)2曲バラード。ってかリリースする気あるんでしょうか、未発表曲だんだん増えていきそうな感じだけど・・・。
先月2日の発売・・・ってことで、軽く1週間遅れの新譜記事w汗

あ、発売日近くで買ってるので、何気に特典ステッカーは貰っていたりw
梅田マルビルのタワレコには、今もCD棚のところに花沢さんのサイン展示されてますよ。


さてさて、今回記事にするのは彼らの3rdミニアルバム。2nd以降にもsgやフルALは出ていますが、ミニALって結構久々ですね。
ちなみに読み方は、「かぜまちぷれりゅーど」。


それでは、早速。
続きを読む >>
フラゲして来ました☆
・・・そして今日、この曲にタイアップが3つ付いてることに気づいた・・・。・・・まあ全国放送は結界師くらいか。

#1 Sha la la -アヤカシNIGHT-
稲氏の楽曲提供&プロデュースで煽られてる曲だけど、ロックと言うよりはポップな印象の曲。
ノリはいいけど迫力を求めるような曲ではない。
演奏時間がかなり短いので、手軽に聴けると言えばそうだけど、もの足りないとも言えるかな。
まあでもTVサイズで聴いて気に入った人や、稲さんのファンなら買って損は無さそう。そんな悪い曲でもないので。

#2 背中越しの笑顔
cw向きのバラードながら、地味に良い曲。全体的に安定感の感じられる曲ですが、普通と言ってしまえば普通かも。
でもメロディはわりと好きかもしれない。
難点は歌い方や声質にあんまり特徴がないこと。結構上手いだけに、ちょっともったいない。表題曲の方は力強い感じで良かったんだけど。

話題性はあるし、CMやテレビ出演も多めなんだから、もうちょっとくらいCD店で目立った位置に置いても欲しかったと2〜3件回って来たくらいながら言ってみる。

ってかこの記事13日更新予定だったんですが・・・すいませんorz
1 / 3 >>