<< 帰ってきました * main * doa LIVE 2007 #2 >>
スポンサーサイト
- | -  

一定期間更新がないため広告を表示しています

doa LIVE 2007 #1
comments(0) | trackbacks(0)  
at 大阪hills パン工場
25日付けの方のライブレポ。

いつも通り、「続きを読む」までネタバレはございません。
それまでは普通に日記なんで、てきとーに飛ばしたり、斜め読みしたりしといてくださいまし。


昼頃に心斎橋に到着。
そこで、本日の同伴者ことアマデウス氏と合流。
昼ご飯食べてもまだまだ時間あるので、カラオケでも行くかー、とか、いつものノリになったものの、やはりカラオケは待ち時間が、なぁ・・・(^^; まあちょっとだったんだけど。
ってか建物が(厳密に言うと、階段につけてあった扉が)、何とも摩訶不思議な雰囲気を放ってました。アマ氏が写メ録ってたっけ。

そんなわけで(?)東○ハンズへ。
いい和紙手に入りましたよ〜。ついでに今日も出かけ先で買ってしまったわけだし、最近買いすぎな。まあ趣味だし、頻繁に使うから良いんだけど。

5時にはグッズ販売へ。
柄のネタバレはしませんが、Sサイズは早めに売り切れるみたいですねぇ。まああとで通販できるけどね。

残り1時間てきとぉーに時間を潰し、いざパン工場へ。
詳しい番号は言いませんけど、めちゃくちゃ良い番号取れました。さすがに1列目ではないけど、文化祭ライブですら、こんな前になったことはないw
多分、もうこんな前で見れる機会はないでしょうねぇ・・・。まあ後ろは後ろで良いとも最近思えてきたんだけど。


以下はネタバレ記事でございます
・・・MCはぶっちゃけ曖昧。汗
dは吉本さん、oは大田さん、aは徳永さん・・・で分かるよねぇ?汗

楽器チェックのスタッフさんは、普通の服装の方と、もう1人はトナカイ
・・・もしかして彼が例の馬ネージャーだったのか?

かかりっぱなしだったCSN&Yの曲が止まり、doaの3人が登場!
・・・って、サンタ!?汗 えー、登場当初の服装は、doaブログ参照でw

3人がそれぞれ椅子に座り、その服装のままo氏とa氏がアコギをとり(o氏はハミングバード、a氏はいつものアコギ)、始まった演奏は「Jingle Bells」
クリスマスにあわせて、敢えてオリジナル曲では無い1曲目。
1番はメインVo.d氏(もちろん英語歌詞)。2番は、o氏ですが、なんと、「パン工場のdoaのライブにようこそ〜」と、殆ど本日のための替え歌で歌ってくれました☆
そう言えばo氏のギターのヘッドにサンタクロースの小さいぬいぐるみが付いていたようなw

「メリークリスマス!今日は忙しい中、・・・あれ、それともヒマやったんかな?笑」と、d氏w
d「えーと、僕達サンタの・・・コスプレ!?なんですが。笑 『3』の文字は大田さんが縫い付けてくれましたが・・・最初のやつだけ(左右が)逆で(ブログでも確認できる通り、o氏のだけ間違ってますw)」
o「はい。今日はみんなこれを着て・・・」
既に脱いでトナカイスタッフに渡しているa氏。
o「・・・あれ?」
d氏も脱ぎ始めるw
d「着たい人だけ着といてください。笑」

と、まあo氏だけ着たまま次の曲へ。
インストア等でも既にお馴染みの、アコギ2本での「One Love」。
今までにこれ1曲目にしたライブも結構多そうだし、やはり歌いなれている感が。3人とも、この歌お気に入りなんだろうなぁってのはすぐに分かる丁寧な歌い方でした。

d「メリークリスマース!あと10回くらい言いますよ?笑 今日のライブは、前半はこういうアコースティックな雰囲気で。後半からバンドにします」

o「クリスマスなんで、ね。カップルがキスしてたり・・・。えー、いいものを見せてもらいました
・・・。
d「つなげにくい!笑 僕らにもクリスマスの曲があるんで・・・その曲を・・・」

と、若干微妙な間(?)で始まったのが「夜空はきらめいて」。あー、それだ。「キャンドルあたりか?」とか考えてしまった・・・(^^;
ライブでは初めて聴きました、この曲。アコースティックだけでも、あまり原曲のイメージは崩れませんでしたよ。
イントロやアウトロのoaハミングが綺麗だった。
そして、2ndALだけの収録の曲は、これのみだったり(1stは無し)。

d「僕らは今年、KissFMのラジオで、9ヶ月・・・3クールやらせていただいて。最初は10ページくらいカンペ作って、ロボットみたいに読み上げてたんですけど。笑
その企画で出来た曲もあって。製品化は、まだちょっと、しないかも・・・なんですが」

来た。きたきたきた!
そうです、「Singin' for your smile」
ラジオで生放送したりは何度かしてるものの、CD化はやはり無いのか・・・?でも、ライブだけの、特別な曲ってのもいいかも。
「さあ一緒に歌おうや!」からサビにいく曲だし、慣れてきたら(?)そのうち客席煽ったりもアリの曲なんだろうなぁ。

d「さっきから、徳永さんの足元に鈴があるんです。これこうやって(実際に柄を叩いて)鳴らすんですけど、徳永さんは足で踏んでやってます・・・笑」
a「インストアの途中から使ったんだけど、鈴がだんだん吉本君の方に行くから、足がクロスしちゃって・・・。スタッフさんに、(下にゴム板?つけて)固定してもらいました」

そのインストア巡りは春ごろから既にやっていて、そのあたりで出した曲をと「はるかぜ」。
この歌はピアノも一緒にということで、キーボードの池田さんの登場。
いつも通り、o氏がソロメインで、ストロークはa氏メイン。まあでもストロークだけでも弾き語れる曲だし、メロ部とかo氏ヒマそうだったな(^^;
間奏のソロは、何だかCDよりも渋く感じられる音色で良かった。
「心はいつも〜そば〜に〜」のハモリ具合がピンポイントで好きだったり。いつ聴いても、サビは綺麗でCメロは力強いイメージ。



ここで、いったん切ります。
続き明日になったらすいません。汗
スポンサーサイト
- | -  
Comments









Trackback URL
http://seasonlink.jugem.jp/trackback/223
Trackback