<< doa LIVE 2007 #1 * main * doa LIVE 2007 #3 >>
スポンサーサイト
- | -  

一定期間更新がないため広告を表示しています

doa LIVE 2007 #2
comments(0) | trackbacks(0)  
うわぁ、やっぱり日付変わってしまった。
すいません・・・。

では、気を取り直して、doaライブレポ2記事め。
以下はネタバレばかりです。

その前に、#1はこちら
アコースティックな時間を終え、ついに(?)バンド編成のライブが始まります!
既に出ているキーボードの池田さん以外の2人も、ここで登場。
今まで、何故だかすれ違いまくってて1度も生で聴いたことのなかった黒瀬氏がドラム。個人的にはすごい嬉しかった。
d氏がギターの森本さんに絡んでましたw「20歳!ピチピチ〜」みたいなノリでw

「せっかくバンドになったんで、ここで1曲セッションします!」と、出てきたのが「CHANGE THE WORLD」。そういやa氏クラプトンのライブ行ったとか前に行ってたもんな。でもカバー曲出してくるとは意外だった。
a氏がアコギから赤ベースに持ち替え。ギターのサポさんは、このライブは8割がたくらいベージュ色のSGだったと思う。
メインVo.はd氏、oaの2人はコーラスもだけど、演奏の方がメインっぽく見えた。何か・・・、新鮮に感じるのは何故でしょうw
ロックと言えばそうだけど、ジャズっぽかったなあ。後半はフェイク多用気味で、ライブならではの雰囲気でした。

そして次の曲は「君だけに気づいてほしい」
ここでo氏がハミングバードを手放して、こげ茶色のボディのアコギに変更。2005年くらいまでメインで使ってたやつ・・・かなぁ。
CDでは「爽やかな曲を」って出した曲だし、実際にそうなんだけど、何かライブらしいと言うか、思ったより熱い曲になってたような・・・w
間奏の、小さく話し声が聞こえる部分は、何も無しで。あこで何か言って盛り上げても良かったと思う。

続いて、「君はきっとひとりじゃない」
これもライブだと、CD以上のノリのいい曲になってました。手拍子が映える。
でもCメロの静かになるところは、そのままで。
o氏はまたまたアコギ交換。1つ前のと同じ色で、形はちょっと分かりにくかったorz間奏のアコギは思ったより聴こえにくかったな。。
あれ、ブールスハープ有りだったっけ・・・、無かったと思うんだけど・・・。

d「僕ら、関西を拠点にしてますが、関西出身は僕だけで。自称東京で愛媛の大田さんと・・・、徳永さんは神奈川」
a「大阪も長いけどねー」
d「でも、大阪弁にはならない。笑 大田さんは・・・」
o「なってるで」
da「笑」
o氏曰く、関西弁は語尾が暖かいんだとか。
確かにフレンドリーだとは思う。

まあ、関西弁の話の後ってことで、だいたい想像付きますね。
「Rute 26」の演奏が始まります。
前もイベントの時に聴いたことある曲だけど、本格的なライブだからなのか、3人ともめちゃくちゃ楽しそうだった。
これか次の曲かで、サビにてd氏がo氏の方に寄っていって、肩組んで2人で歌ってた。
o氏はこの曲からまたハミングバードに。

続いて、「Keep Rollin'」。わりとCD音源そのままのイメージで。
にしてもo氏はやはりハイトーン凄い。Cメロのsmile〜♪のところとか、地味に凄い高いのな。
ルートとかもそうだけど、ライブでやっても、どこかアットホームな感じ。熱いって言うより暖かい雰囲気に思える。
これからもライブでやって欲しい曲です。

そのまま、「地球の中で二人っきり」へ。あれ、MCあったっけ・・・?汗
1番のサビ頭とかは、コーラス薄め、というかo氏は歌ってなかったような。
a氏のファルセットが綺麗なこの曲、これも原曲のイメージそのままだったっけな。でも何か素朴な雰囲気も。


ここで1度きりますか。
今日中に#3
できるといいなぁ。
スポンサーサイト
- | -  
Comments









Trackback URL
http://seasonlink.jugem.jp/trackback/224
Trackback