<< abingdon boys school JAPAN TOUR 2008 #1 * main * abingdon boys school JAPAN TOUR 2008 #3 >>
スポンサーサイト
- | -  

一定期間更新がないため広告を表示しています

前記事リンク
#1



引き続きネタバレを含みますので、ご注意ください。

特徴的なイントロから「DESIRE」が始まります!
これも、後半にやりそうな曲ですね。実際は中盤だったけど、ここからさらに会場が盛り上がってきた感じ。
2番の直後に岸氏のソロが!!ピアノではなくシンセメインで、まあもちろんCDの間奏とは全然違うけど、「DESIRE」のアレンジの延長としては特に違和感を感じることも無く。
その後にベース→ドラムの流れでサポ2人の見せ場も!って言うか2人とも、いい意味でサポらしさをあまり感じなかった。メンバーでも良いじゃないかw
途中にソロの入るのもライブならではですよねー。

そのまま、スポットライトはS氏へ!!最初から速弾きキター
わりと初めの方で、客席煽ってくれました!2,3音弾いて、少し間を空けて、その間に客が皆で「イエーイ!」って具合に。何回もやってくれたんで、最後の方笑いまじりw
その後も速弾きがメインでした。「Fre@K $HoW」あたりが次にきそうな雰囲気のロックサウンドだと思ったんだけど・・・w音は終始歪ませてました。他の曲のギタソロに関してもそうだったような。

続けて始まったのはS氏作曲の「BLADE CHORD」
「SHOUT DOWN BASTARD!!」のところは、CDよりも叫んでる感じで格好良かったです。逆に2番メロ部の「持て余して〜〜えぇ」はあんまり強調してなかった気も。
生で聴く前からライブ映えするって印象がめちゃくちゃ強い曲だったけど、実際に聴いてみると、綺麗なメロディだなぁ、とか思っていたり。

今度はスポットライトは柴氏へ!!
途中でS氏みたく煽り部分作ったんだけど、客席はイマイチ乗らず(^^;
その後は、歪ませた速弾きはもちろん、歪ませずにゆっくり弾いてたところも。個人的には後者の方が好きだなー。
ロックだけど、少しジャズっぽいと感じたところもあったような。absらしくはないけど、この要素を取り入れた曲が今後出てきても面白そう。

そして、拍手の後には「Desert Rose」が。
これ、やって欲しいなーって行きの電車で聴きまくってたからめちゃくちゃ嬉しかった・・・。
次のMCで西氏が「あんな長い4小節初めてだよ(笑)」って爆笑してたんで知ったんだけど、柴氏がまさかの演奏ミス(^^;あれもしかしてサビ多かった?
違和感無かったけど、西氏も「You're my criminal〜♪」とか間違ってた覚えがあるし・・・w
まあでも良かったですよこの曲。物悲しい雰囲気は残しつつも、予想以上のライブ映えもしてたし。

スポンサーサイト
- | -  
Comments









Trackback URL
http://seasonlink.jugem.jp/trackback/245
Trackback