<< abingdon boys school JAPAN TOUR 2008 #3 * main * 更新停止のお知らせ >>
スポンサーサイト
- | -  

一定期間更新がないため広告を表示しています

これでラストだー!!

前記事リンク
#1
#2
#3

引き続きネタバレを含みますので、ご注意ください。
アンコールは、意外と早く帰ってきてくれました。
西氏がビデオカメラ持ってた。
ちょっとだけ喋ってたと思うんだけど、何言ってたっけなぁ・・・。

まずは「ドレス」を。
今までの曲に比べたら、ノってる人は意外と少なかったような。まあサウンド的にはどっちでもアリだと思うけど。
間奏のソロはS氏だったけど、アウトロは柴氏がやってました。

カバー曲2連続で、「sweetest coma again」が続きます!
本家バンドのトリビュートにて音源化されていますが、実は今日が全くの初聴きでした。「ドレス」はabsの曲としても違和感はあまり感じなかったけど、こっちはちょっと浮いてる気が。まあこれはこれでありか。
ギタソロは短く交互に。2人ともステージのかなり前まで出てきて、弾いてる方にライトが当たってる、って感じで。

そして、「アテナ」で締めくくりです!!
アレンジはそんなに変わってなかったはずだけど、やはりと言うかギター音がかなり前にでてました。爽やかさではCDの方が上ですが、その分やたらロック色が濃いように感じた。
もちろん、客席のノリは凄かったです。
アウトロはちょっと長め、会場全体で「HEY!HEY!」と何度も叫びました!


演奏を終えて、全員で前に出てきて、西氏がサポの長谷川さんとイクオさんを紹介。
またまた「いつか対バンしよう!!」と、「明日もやりたい!!」と言って、拍手を受けて皆で退場。

これにてその日のライブは無事に終了しました!



absは、曲聴くたびに「ライブで聴いたらこうだろうなぁ・・・」とか想像していたバンド。「ライブやったら絶対行こうな!」と友達間で言い続けていたので、初のワンマンツアー、行けて本当に良かった。

「As One」とかみたいな、あんまり激しくない曲が思ったよりもずっとライブ映えしていたのが印象深かった。「予想以上」が本当に多かったんです。・・・いや、期待してなかったわけではないですよ、決してw
某サプライズも、全く告知してなかったのは好感。
メンバーの担当楽器のソロも嬉しかったなぁ。私はそんなに楽器には詳しくはないけどさ、そう言う人にも、良い機会だと思ってます。

ってか、ギター覚えてこようと思ったのに、マジで見えなかったし。身長欲しい誰かちょうだい。
柴氏は銀色のストラトでした。あんなのあったっけ?柴ソロの時にちょっと書いたけど、個人的には歪ませない音の方が好きでした。綺麗だったし。
S氏は、TVとかでも使っていた赤のレスポールだったと思うんだけども、こっちは視力の問題で見えず・・・。柴氏とは逆に、歪ませた時の渇いた感じのサウンドの方が耳に残っています。
それ以外には、使ってなかったと思います。アコギがあっても良かったんだけど。
柴氏作曲のは柴氏がソロ、それ以外のはS氏がソロって具合だったかな。「Via Dolorosa」あたりは逆の方が相性良かったんじゃないかとも思っていたり。

それにしても、テンション高いツアーでした。もちろん、めちゃくちゃ楽しめましたよ!
次のALでも大阪に来てくれたら、・・・そりゃまた行くでしょうねぇw
スポンサーサイト
- | -  
Comments









Trackback URL
http://seasonlink.jugem.jp/trackback/247
Trackback